FPが伝授!自動車保険見直しのコツと成功事例

  • URLをコピーしました!

(スポンサーリンク)

自動車保険の見直しは適切な保障を確保し、保険料を節約するために重要ですが、いつ、どのように見直すべきか迷っていませんか?

この記事では、自動車保険の見直しの必要性やタイミング、現在の契約内容のチェック方法、新しい保険プランの選び方、そして注意点を詳しく解説します。

記事を読むことで、自動車保険の見直しを効果的に行う方法や、保険選びのポイントが理解できるようになります。

保険料の節約や適切な保障の確保を目指して、ぜひこの記事を参考にしてください。

この記事の目次(クリックでジャンプ)

はじめに

自動車事故

自動車保険の見直しの必要性

自動車保険の見直しは、保険料の節約やより適切な保障を受けるために重要です。

経済状況やライフスタイルの変化、新しい保険商品の登場など、さまざまな理由から見直しが必要になることがあります。

見直しのタイミング

自動車保険の見直しは、契約更新時や車の買い替え時、家族構成の変化など、ライフイベントのタイミングで行うと効果的です。

また、保険市場の動向を定期的にチェックし、適切なタイミングで見直すことがおすすめです。

現在の契約内容のチェック

契約内容の確認方法

自動車保険の契約内容は、保険証券や契約書、保険会社のウェブサイトやアプリで確認できます。

内容を把握し、現状に適した保障かどうかを判断しましょう。

任意保険と車両保険、自賠責保険の違い

任意保険は、自賠責保険の補完として加入する保険で、さまざまな補償項目が設定されています。

車両保険は、自分の車の損害を補償する保険です。

自賠責保険は、法律で加入が義務付けられている保険で、人身傷害の補償が対象です。

ノンフリート・フリート契約の違い

ノンフリート契約は、個人向けの自動車保険契約です。

フリート契約は、法人向けの自動車保険契約で、複数の車両をまとめて保険に加入することができ一定の割引が適用されることがあります。

事故歴や運転歴による保険料の変動

事故歴や運転歴によって保険料が変動します。

事故がなければ、無事故割引が適用され、保険料が安くなります。

逆に事故がある場合、保険料が高くなることがあります。

また、運転歴が長いほど、保険料が安くなることが一般的です。

無事故割引や等級の引継ぎ方法

無事故割引は、事故がない期間が長いほど保険料が割引される制度です。

等級の引継ぎは、乗り換え時に前の保険会社の等級を新しい保険会社に引き継ぐ方法で、事前に新しい保険会社に相談することが必要です。

あわせて読みたい
都会vs地方:車の所有を見直すべき時 車を持つ、持たない。都会生活者にとってはなかなか難しい問題ですよね。一方で、地方へ移住すれば車の存在は生活必需品となることでしょう。これから車を所有しようか...

新しい自動車保険プランの選び方

保険会社の評価・比較

保険会社を選ぶ際は、評判やサービス内容、保険料などを比較して、自分に合った会社を選びましょう。

インターネットでの口コミや評価も参考にすると良いでしょう。

自動車保険料の節約術

保険料を節約する方法はいくつかあります。

例えば、保険の範囲や補償額を見直す、割引制度を活用する、オンライン見積もりで料金を比較するなどです。

オンラインでの見積もり利用

インターネットを利用して、複数の保険会社から見積もりを取得しましょう。

これにより、保険料やサービス内容を比較しやすくなります。

各種割引制度(ファミリー割引、エコカー割引など)の活用方法

保険会社によっては、ファミリー割引やエコカー割引などの割引制度が用意されています。

これらの制度を活用することで、保険料を節約できます。

ロードサービス付き保険プランのメリット

ロードサービス付き保険プランは、故障や事故時に迅速なサポートを受けられることがメリットです。

トラブルが起きた際に安心して対応できるため、検討する価値があります。

車種や車両価格による保険料の影響

車種や車両価格によって保険料が変わります。

高額な車や事故が多い車種は保険料が高くなる傾向があります。

また、安全装置が充実している車は保険料が割引されることがあります。

保険契約期間(1年契約、3年契約等)の選び方とメリット・デメリット

保険契約期間には1年契約や3年契約などがあります。

長期契約のメリットは、保険料が安くなることが多いですが、デメリットとして途中での変更が難しいことが挙げられます。

短期契約は逆に保険料が高くなることがあるものの、柔軟に契約内容を変更できます。

あわせて読みたい
車選び初心者のための完全ガイド 車選びに迷っていませんか?地方で生活していると、車は単なる移動手段ではなく、生活を豊かにする必需品。新車の輝きも魅力的ですが、価格や減価償却の心配、中古車の...

自動車保険の項目別に内容確認

自動車保険の補償内容の再検討を行い、必要な補償内容を洗い出して項目毎にリスク内容を把握して方向性を決めました。

補償内容

補償としては
一家に複数台保有している場合は1台を一般タイプ、他の複数台は搭乗者タイプでの選択で良いと思います。

項目毎のリスク内容を把握して最終的に必要な補償内容を決める。

補償内容

・対人/対物 :必須
・人身傷害保障:別項目で説明します。
・車両保険  :不要
   →車両保険を使うと3等級降格になる為、ちょっとした事故では使わない。
    3等級分回復する年間保険料の方が高価である。
    稀に新車ローン中に自爆事故で廃車リスクあるが中古車で買換えが現実的と想定される。
   ※車両保険の保険金は新車価格での支払いではなく業者用見積が基準で安く見積もられ、
    車自体も毎年20%づつ時価額が下がる。


・弁護士費用特約:過失割合に有利、怪我時の損害額UPするので必須。
・家族限定   :自分の車を運転する家族を見て設定
・年齢条件   :自分の車を運転する家族の年齢を見て設定
・ロードサービス:JAFに入っていれば不要
・対物修理超過 :年式古い車で修理費用が時価額を超える場合に有効、有償オプションであれば不要

黄色帯:対人、対物、弁護士費用特約、家族限定、年齢限定、対物修理超過費用(無償)は付帯する。
赤色帯:人身傷害補償は人により選択が分かれる内容になります。

人身傷害補償について

人身傷害補償については一緒に同乗する家族や知り合いを考慮して考える必要があり、補償内容には一般タイプと搭乗者タイプがあります。

一般タイプ

下記ようなケースでも補償されます。

具体的には
・契約している車に搭乗中に自動車事故に遭ってケガをした
・歩行中に他の自動車にはねられてケガをした
・自転車を運転していて他の自動車にひかれてケガをした
・乗っていた他の車(タクシー、バス等含)が他の自動車と衝突してケガをした

搭乗者タイプ

契約の車に乗っていない時の自動車事故も対象になるタイプで保険料は高くなりますが記名被保険者やその家族などが契約している車に乗っていない時の自動車事故でも補償されます。

契約の車に搭乗している際の自動車事故のみを補償するタイプで保険料は安くなりますが、契約の車に搭乗している際に起きた事故のみにしか人身傷害保険は使えません。

このため、歩行中といった車から外に出ている際に起きた事故では補償されません。
複数台保有している場合は1台を一般タイプ、他の複数台は搭乗者タイプでの選択で良いと思います。

あわせて読みたい
安全にお金を増やす!詳しく解説 お金を増やしたい、でもギャンブルは避けたい。そんなあなたにぴったりの内容です。はじめに言っておきますが、この記事で提供する方法は、一夜にして大金持ちになるよ...

更新時期と注意点

自動車保険

自動車保険の更新時期

自動車保険の更新時期は契約期間の終了日です。

更新時期には見直しを行い、適切な保障を確保することが重要です。

見直しの注意点

見直しを行う際は、保険料だけでなく、補償範囲や免責事項、サービス内容なども確認しましょう。

また、乗り換えを検討する場合は、引継ぎ等級やキャンセル手続きに注意が必要です。

キャンセル手続きや保険料の返還について

保険をキャンセルする場合は、保険会社に連絡し手続きを行います。

保険料の返還に関しては、契約条件や解約時期によって異なります。

事前に確認しておくことが大切です。

保険対象範囲や免責事項の確認方法

保険の対象範囲や免責事項は、保険証券や契約書で確認できます。

また、保険会社の担当者やウェブサイトでも情報が提供されていることがあります。

しっかりと確認して、自分に合った保険を選ぶようにしましょう。

事故対応と保険金請求

事故の際の対応方法と保険会社への連絡方法

事故が起きた場合は、まず現場の安全確保を行い、警察や救急車へ連絡します。

次に保険会社へ連絡し、事故の状況を報告しましょう。

事故対応の手順は保険会社ごとに異なるため、事前に確認しておくことが望ましいです。

保険金請求手続きの方法と注意点

保険金請求手続きは、保険会社が指定する書類を提出することで行います。

必要書類は事故の状況や保険会社によって異なります。

手続きに必要な書類や期限を確認し、遅れないようにしましょう。

クレーム対応やアフターサービスの評価

保険会社のクレーム対応やアフターサービスは、事故後のサポートが充実度を判断する重要なポイントです。

事前に口コミや評判をチェックし、サポート面でも信頼できる保険会社を選ぶことが大切です。

成功事例

自動車保険見直しの実例紹介

自動車保険の見直しを行うことで、保険料が大幅に節約できたり、適切な保障が得られたりする成功事例が多く存在します。

こうした事例を参考にして、自分自身の保険見直しを行いましょう。

相見積は現行契約の日新火災と比較しました。(相見積は上位のみ表示)
同じ補償内容でも保険料に大きく違いがある事が分かります。
セゾン自動車保険火災(おとなの自動車保険)が最安価であることが判明。

見積対象の年齢や家族条件、過去の事故歴などにより見積額は変動するので実際に確かめる事が重要です。

自動車保険
相見積上位

自動車保険の傾向として
・保険料が高い会社はどの補償でも高い傾向
・窓口や代理店からの提案は保険料が高い傾向。
※紹介手数料を得るために加入者メリットがない補償を進めてくる場合が多いです。

セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)を契約

自動車保険はネットでのダイレクト保険を相見積し自分に必要な補償内容と安価な保険会社との契約をしました。

私は複数社にwebで相見積を取得して最終的に【セゾン自動車火災保険のおとなの自動車保険】に契約変更。

年齢や条件でどの自動車保険が良いのかは変わってきますのでご自身に合う保険を選びましょう!

年間効果としては15,600円/台の固定費削減となりました。

自分で補償内容を理解して必要な補償だけで加入するのが重要です。

あわせて読みたい
保険のおばちゃんが教えない、知らなきゃ損するポイント あなたも"保険のおばちゃん"からの突然の訪問や電話を受けた経験はありますか?実は、私もその一人です。その時の専門用語のオンパレードには、正直、頭がくらくらしま...

まとめ

見直しの重要性と効果的な方法の再確認

自動車保険の見直しは、保険料の節約や適切な保障の確保に大きく寄与します。

定期的に契約内容をチェックし、自分に適したプランを選ぶことが重要です。

また、保険会社やプランを比較検討する際は、保険料だけでなく、クレーム対応やアフターサービスも考慮して選ぶことが望ましいです。

自動車保険の見直しを成功させるためには、現在の契約内容を把握し、新しい保険プランを選ぶ際のポイントや注意点を理解することが大切です。

さらに、自動車保険業界のトレンドや最新情報をキャッチし、自分に適した保険を選ぶことが重要です。

見直しによって保険料が節約できたり、より適切な保障が得られたりする成功事例を参考に、自分自身の保険見直しを行いましょう。

(スポンサーリンク)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次(クリックでジャンプ)