全国の年金受給状況を比較!あなたの地域はどうなっている?

  • URLをコピーしました!

(スポンサーリンク)

年金制度って、本当に理解していますか?

これからの生活を設計する上で、年金は避けて通れないテーマです。

しかし、複雑で難解…そう感じているあなたへ。

この記事では、年金制度の基本から、具体的な計算方法、受給額の増やし方、そして将来の年金制度の見通しまで、分かりやすく解説します。

全国の年金受給状況も比較し、あなたの生活設計に役立つ情報を提供します。

年金制度を理解し、安心した未来を手に入れましょう。

この記事の目次(クリックでジャンプ)

はじめに

年金制度は、私たちが老後に安心して生活できるための重要な社会保障の一つです。

しかし、その仕組みや計算方法は複雑で、多くの人が混乱を感じています。

この記事では、年金制度の基本的な知識から具体的な生活設計まで、幅広い情報を分かりやすく解説します。

初心者の方でも理解できるように、専門用語や難しい話は適宜、補足説明や例え話を入れて説明します。

年金制度の重要性

年金制度は、私たちが働けなくなったとき、つまり老後や障害、死亡などのリスクが現実化したときに、生活を維持するための経済的な支えとなります。

社会保障としての役割を果たす年金は、現役世代が働き、その収入の一部を納付することで、社会全体で負担と給付を分け合う仕組みです。

日本の年金制度は、厚生年金と国民年金の2つの制度があります。

厚生年金は、会社員などの被用者が加入する制度で、国民年金は、自営業者やパート・アルバイト、学生など全ての国民が加入する制度です。

これらの制度を通じて、私たちの老後は支えられています。

しかし、近年の少子高齢化により、現役世代と高齢者のバランスが崩れつつあり、年金制度の持続可能性が問われています。

この問題を理解し、自身の生活設計を考えるためにも、年金制度の知識は必要不可欠です。

記事の目的

この記事の目的は、年金制度の基本的な知識を提供し、それをもとにした生活設計のアドバイスを提供することです。

具体的には、全国と各都道府県の年金受給状況、年金の計算方法、年金受給額の増やし方、年金と生活設計、年金制度の今後といったテーマを取り上げます。

年金制度は複雑で、一度に理解するのは難しいかもしれません。

しかし、一歩ずつ進めていけば、必ず理解できます。

この記事が、あなたの理解の一助となることを願っています。

年金制度の基礎知識

年金制度とは、働いている間に一定の金額を積み立て、老後や障害、死亡などのリスクが現実化したときに、その積み立てた金額をもとに給付を受けることができる制度のことを指します。

この制度は、社会全体で負担と給付を分け合うことで、個々のリスクを軽減し、安定した生活を送ることを可能にします。

年金制度の概要

日本の年金制度は、厚生年金と国民年金の2つの制度があります。

これらは、現役世代が働き、その収入の一部を納付することで、社会全体で負担と給付を分け合う仕組みです。

年金制度は、私たちが働けなくなったとき、つまり老後や障害、死亡などのリスクが現実化したときに、生活を維持するための経済的な支えとなります。

厚生年金と国民年金の違い

厚生年金と国民年金の最大の違いは、加入対象者とその納付額です。

厚生年金
会社員などの被用者が加入する制度で、給与の一部が自動的に控除され、その金額が年金として積み立てられます。退職後の収入として給付され、その額は納付した金額と収入によります。

国民年金
自営業者やパート・アルバイト、学生など全ての国民が加入する制度で、一定の金額を自己負担で納付します。その金額が年金として積み立てられ、老後の収入として給付されます。

これらの制度を理解することで、自身の生活設計をより具体的に考えることができます。

年金制度は、私たちの生活を支える重要な社会保障制度です。

その仕組みを理解し、適切な計画を立てることで、安心した老後生活を送ることが可能になります。

あわせて読みたい
老後後悔ランキングTOP5!知らないと大損? 老後の生活、あなたもすでに考え始めているのではないでしょうか?「老後の後悔ランキング」を検索してこのページに辿り着いたあなたは、将来の生活に対する不安や疑問...

全国と各都道府県の年金受給状況

年度老齢年金 (万人)通算老齢年金・25年未満 (万人)障害年金 (万人)遺族給付 (万人)基礎または定額あり (円)基礎及び定額なし (円)
平成29年度3,506万人1,521万人1,395万人43万人147,051円72,228円
平成30年度3,530万人1,541万人1,390万人44万人145,865円69,095円
令和元年度3,543万人1,539万人1,397万人45万人146,162円66,574円
令和2年度3,581万人1,553万人1,415万人47万人146,145円66,934円
令和3年度3,588万人1,562万人1,405万人49万人145,665円68,618円
令和3年度厚生年金保険・国民年金事業の概況

日本全国の年金受給状況を見ると、

厚生年金の受給者数は約1561.51万人、平均年金月額は145,665円
国民年金の受給者数は約3303.90万人、平均年金月額は56,479円

これらの数字から、厚生年金の受給者数は国民年金の約半数である一方、平均年金月額は国民年金の約2.5倍となっています。

これは、厚生年金が給与の一部を基に積み立てられるため、国民年金よりも受給額が高くなる傾向にあるためです。

厚生年金と国民年金の受給者数と平均受給額の推移

厚生年金と国民年金の受給者数と平均受給額の推移を見ると、全体的には厚生年金の受給者数が増加傾向にあり、平均受給額も上昇しています。

これは、高齢化社会の進行とともに、厚生年金の加入者が増え、その結果受給者数と平均受給額が増加していると考えられます。

一方、国民年金の受給者数は増加傾向にありますが、平均受給額は比較的安定しています。

これは、国民年金の受給額が一定であるため、受給者数が増えても平均受給額は大きく変動しないためです。

各都道府県の年金受給状況の比較

都道府県厚生年金受給者数 (万人)平均年金月額 (円)国民年金受給者数 (万人)平均年金月額 (円)
全国1,561.51万人145,665円3,303.90万人56,479円
北海道63.54万人135,888円152.24万人55,509円
青森県14.75万人122,111円38.95万人53,933円
岩手県17.45万人126,262円38.76万人57,407円
宮城県28.64万人139,086円61.18万人56,278円
秋田県15.30万人122,914円34.16万人55,824円
山形県17.46万人124,517円34.62万人57,453円
福島県27.62万人130,103円55.26万人56,653円
茨城県35.04万人147,004円78.85万人56,228円
栃木県25.06万人142,979円53.18万人56,380円
群馬県25.51万人142,449円54.74万人57,496円
埼玉県83.16万人156,319円179.27万人55,990円
千葉県71.60万人160,017円158.92万人56,332円
東京都124.96万人158,661円277.50万人55,381円
神奈川県100.94万人165,321円212.17万人56,394円
新潟県37.14万人132,328円68.37万人58,725円
富山県18.84万人138,775円31.79万人60,034円
石川県17.12万人136,136円31.45万人58,997円
福井県13.39万人134,440円22.14万人59,339円
山梨県10.31万人138,408円23.71万人56,077円
長野県33.19万人138,516円62.32万人59,050円
岐阜県27.03万人144,253円56.88万人58,304円
静岡県54.63万人145,975円104.56万人58,168円
愛知県86.86万人154,984円177.18万人57,077円
三重県24.88万人146,086円50.13万人58,493円
滋賀県18.65万人148,822円35.69万人58,244円
京都府30.76万人146,783円67.35万人55,395円
大阪府96.47万人151,568円209.69万人54,335円
兵庫県68.48万人154,247円144.84万人56,279円
奈良県16.54万人157,601円39.38万人56,010円
和歌山県11.38万人141,088円28.77万人54,794円
鳥取県9.28万人127,450円16.76万人58,585円
島根県11.87万人127,819円21.57万人59,276円
岡山県29.12万人140,558円53.43万人58,836円
広島県40.31万人145,408円76.72万人58,184円
山口県21.73万人143,001円43.62万人58,278円
徳島県11.10万人127,921円22.31万人55,886円
香川県15.20万人138,241円28.66万人58,950円
愛媛県19.05万人134,498円41.48万人56,861円
高知県10.25万人126,784円22.42万人55,129円
福岡県62.66万人140,261円128.82万人55,472円
佐賀県11.16万人128,208円23.41万人58,158円
長崎県17.41万人131,813円40.39万人55,618円
熊本県22.57万人126,589円51.31万人56,918円
大分県15.98万人130,779円34.73万人55,448円
宮崎県14.58万人123,220円32.50万人56,469円
鹿児島県20.91万人127,088円48.15万人56,786円
沖縄県10.40万人123,755円29.62万人52,112円
その他1.23万人128,712円3.96万人29,419円
令和3年度厚生年金保険・国民年金事業の概況

各都道府県の年金受給状況を比較すると、都道府県によって受給者数や平均受給額に差が見られます。

例えば、厚生年金の受給者数は、都市部の東京都や大阪府が多く、一方で地方の鳥取県や島根県は少ない傾向にあります。

これは、都市部には大企業が集まり、その結果厚生年金の加入者が多いためと考えられます。

また、平均受給額も都道府県によって差があり、一般的には都市部の方が地方よりも高い傾向にあります。

これは、都市部の方が給与水準が高いため、その結果厚生年金の受給額も高くなると考えられます。

以上のように、年金受給状況は全国的にも地域によっても大きく異なります。

これらの情報を理解することで、自身の生活設計や将来の見通しをより具体的に考えることができます。

年金の計算方法

年金の計算方法は、一見複雑に見えますが、基本的な要素を理解すれば、自分の受け取る年金額をある程度予測することが可能です。

年金の計算は少々複雑ですが、基本的な考え方は以下の通りです。

年金の金額は主に2つの要素で決まります。

平均標準報酬月額
働いていた期間中の平均的な月給で、例えば、あなたが毎月30万円の給与をもらっていたとします。
この場合、平均標準報酬月額は30万円になります。

支給開始年齢
年金を受け取り始める年齢です。
通常は65歳からですが、早期に受け取り始めることも、遅くすることも可能です。

これらを元に、年金の計算式は以下のようになります。

年金額 = 平均標準報酬月額 × 積立年数 × 算定係数

ここで、

積立年数
あなたが年金を支払った年数です。
例えば、20歳から60歳までの40年間働いていた場合、積立年数は40年になります。

算定係数
年金の計算に使われる定数で、支給開始年齢によって変わります。
65歳で受け取り始める場合、算定係数は0.0075です。

例えば、あなたが毎月30万円の給与をもらっていて、20歳から60歳までの40年間働いたとします。
そして、65歳で年金を受け取り始めるとします。この場合、年金額は以下のように計算できます。

年金額 = 30万円 × 40年 × 0.0075 = 90万円

つまり、年金は年間で約90万円になります。

ただし、これはあくまで一例で、実際の年金額は様々な要素によって変わります。

具体的な数値を知りたい場合は、社会保険庁のウェブサイトや窓口、または年金に詳しい専門家に相談することをおすすめします。

平均標準報酬月額とは、年金を計算するための基準となる月額の報酬(給与)のことを指します。
これは、あなたが働いていた期間中の給与を平均したものです。

例えば、あなたが10年間働いて、その間の給与が毎年変動していたとします。
その10年間の給与を全部足し合わせて、10で割ると平均の給与が出ます。
これが平均標準報酬月額の基本的な考え方です。

ただし、実際の計算はもう少し複雑で、給与の上限や下限が設けられていたり、特定の期間を除外したりするルールがあります。

年金額が決まる要素

年金額が決まる要素は、大きく分けて以下の3つです。

加入期
年金に加入していた期間。長ければ長いほど、受け取る年金額は多くなります。

平均標準報酬月額
加入期間中の報酬(給与)の平均額。報酬が高ければ高いほど、年金額も高くなります。

算定係数
年金の種類によって異なる係数。
この係数により、同じ加入期間と平均標準報酬月額でも、受け取る年金額が変わります。

あわせて読みたい

以上のように、年金の計算方法は「加入期間」「平均標準報酬月額」、そして「算定係数」によって決まります。

これらの要素を理解し、自分の年金額を予測することで、将来の生活設計をより具体的に考えることができます。

年金受給額の増やし方

年金受給額を増やすためには、以下の具体的な方法があります。

加入期間を延ばす
年金の計算式からもわかるように、加入期間が長いほど受給額は増えます。
したがって、可能であれば加入期間を延ばすことを検討してみてください。
具体的には、定年後も働き続ける、パートタイムやフリーランスでの仕事を見つけるなどの方法があります。

報酬額を上げる
年金の計算式には「平均標準報酬月額」が含まれています。
これは、加入期間中の報酬(給与)の平均額を指すため、報酬額を上げることで年金額も増えます。
具体的には、スキルアップやキャリアアップを図る、副業を始めるなどの方法があります。

適用される算定係数を理解する
算定係数は、年金の種類によって異なります。
自分がどの年金を受け取るのか、その年金の算定係数は何かを理解し、必要であれば適切な年金種類に切り替えることも一つの方法です。

年金受給額の最適化のためのアドバイス

年金受給額の最適化のためには、以下のアドバイスがあります。

早めの計画
年金受給額は、加入期間や報酬額など、長い時間をかけて形成されるものです。
そのため、早めに計画を立て、具体的な行動を始めることが重要です。

情報の収集
年金制度は複雑で、時には改定も行われます。
最新の情報を常にチェックし、自分にとって最適な選択をするために必要な情報を収集しましょう。

専門家の意見を求める
年金制度は専門的な知識を必要とします。
自分だけで判断するのではなく、専門家の意見を求めることも有効です。

以上のように、年金受給額を増やすためには、自分の状況を理解し、具体的な行動を起こすことが重要です。
また、年金制度の理解と情報収集も忘れずに行いましょう。

年金受給額を考慮した生活設計のアドバイス

年金受給額を考慮した生活設計を行うためには、以下のポイントが重要です。

年金受給額の把握
まずは自分が受け取ることができる年金の額を把握しましょう。
年金事務所から送られてくる「年金定期便」や「年金見通し通知」を確認することで、自分がどれくらいの年金を受け取ることができるのかを知ることができます。

生活費の見直し
年金受給額だけで生活することが難しい場合、生活費の見直しが必要です。
具体的には、住居や食費、趣味などの生活費を見直し、必要な支出と削減可能な支出を明確にします。

貯蓄と投資
年金だけではなく、貯蓄や投資も重要な生活設計の一部です。
リスクとリターンを考慮した上で、適切な資産運用を行うことで、生活資金を増やすことが可能です。

年金受給開始年齢の選択とその影響

年金の受給開始年齢は、60歳から70歳まで自由に選ぶことができます。しかし、この選択は年金受給額に大きな影響を与えます。

早期受給の場合
60歳から年金を受給すると、受給額は基準額の70%になります。
しかし、長期間にわたって年金を受け取ることができるため、生活費に困っている場合などには有効な選択となることもあります。

遅延受給の場合
逆に70歳まで年金の受給を遅らせると、受給額は基準額の142.5%に増えます。
しかし、受給開始までの10年間は自己資金で生活する必要があります。

以上のように、年金受給額と生活設計は密接に関連しています。
自分の生活スタイルや経済状況に合わせて、最適な生活設計と年金受給開始年齢を選択しましょう。

年金制度の将来性

日本の年金制度は、少子高齢化の進行により、その持続可能性が問われています。

現在の制度では、現役世代が働いて得た収入の一部を年金として積み立て、それが高齢者への年金給付となる「賦課方式」が採用されています。

しかし、少子高齢化により現役世代が減少し、一方で年金受給者が増加すると、年金制度の財源は逼迫します。

厚生労働省の試算によれば、2040年には現役世代1人あたりの年金受給者数が1.3人になると予想されています。

これは、現役世代1人が1.3人の年金受給者を支えることを意味します。

このような状況では、現行の年金制度を維持することは困難となります。

改革の可能性とその影響

年金制度の持続可能性を確保するためには、改革が必要となります。

具体的な改革案としては、以下のようなものが考えられます。

年金受給開始年齢の引き上げ
現在、年金の受給開始年齢は65歳ですが、これをさらに引き上げることで、年金制度の財源を確保することが可能です。
しかし、これには働き続けることが可能な高齢者の増加が前提となります。

年金額の見直し
年金の受給額を現行よりも低く設定することで、年金制度の財源を確保することが可能です。
しかし、これにより高齢者の生活保障が困難になる可能性もあります。

資本市場への投資
年金の積立金を資本市場に投資し、そのリターンを年金の財源にすることも一つの方法です。
しかし、これには市場のリスクを取る必要があります。

これらの改革は、年金制度の持続可能性を確保するためには必要なものです。

しかし、それぞれにはメリットとデメリットがあり、どの改革が最適なのかは、今後の社会状況や政策の方向性によります。

年金制度の未来については、これからも注視していく必要があります。

まとめ

年金制度は、我々の老後生活を支える重要な社会保障です。

その基本は、現役世代が働いて得た収入の一部を年金として積み立て、それが高齢者への年金給付となる「賦課方式」です。

しかし、少子高齢化により現役世代が減少し、一方で年金受給者が増加すると、年金制度の財源は逼迫します。

そのため、年金制度の持続可能性を確保するためには、改革が必要となります。

具体的な改革案としては、年金受給開始年齢の引き上げ、年金額の見直し、資本市場への投資などが考えられます。

これらの改革は、年金制度の持続可能性を確保するためには必要なものです。

しかし、それぞれにはメリットとデメリットがあり、どの改革が最適なのかは、今後の社会状況や政策の方向性によります。

重要なポイント

・年金制度は現役世代の収入の一部を積み立て、それが高齢者への年金給付となる
 「賦課方式」を採用しています。

・少子高齢化により現役世代が減少し、一方で年金受給者が増加すると、年金制度の財源は逼迫します。

・年金制度の持続可能性を確保するためには、改革が必要となります。
 具体的な改革案としては、年金受給開始年齢の引き上げ、年金額の見直し、
 資本市場への投資などが考えられます。

・これらの改革は、年金制度の持続可能性を確保するためには必要なものです。
 しかし、それぞれにはメリットとデメリットがあり、どの改革が最適なのかは、
 今後の社会状況や政策の方向性によります。

Q&A

Q1: 年金制度とは何ですか?

A1: 年金制度は、現役世代が働いて得た収入の一部を年金として積み立て、それが高齢者への年金給付となる「賦課方式」の社会保障制度です。これにより、働けなくなった高齢者の生活を支えています。

Q2: 年金制度の改革はなぜ必要なのですか?

A2: 少子高齢化により現役世代が減少し、一方で年金受給者が増加すると、年金制度の財源は逼迫します。
そのため、年金制度の持続可能性を確保するためには、改革が必要となります。
具体的な改革案としては、年金受給開始年齢の引き上げ、年金額の見直し、資本市場への投資などが考えられます。

Q3: 年金受給額を増やす方法はありますか?

A3: 年金受給額は、加入期間や納付額、受給開始年齢などによって決まります。
そのため、長く働いて納付額を増やす、受給開始年齢を遅らせるなどの方法で年金受給額を増やすことが可能です。
ただし、これらの方法は個々の生活状況や健康状態によりますので、専門家のアドバイスを受けながら検討することをおすすめします。

(スポンサーリンク)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次(クリックでジャンプ)