年金受給開始年齢の選択があなたの生活をどう変えるか

受給
  • URLをコピーしました!

(スポンサーリンク)

あなたが快適に老後を過ごすために必要な資源の一つに、年金があります。
年金の受給は一筋縄ではいきません。
受給開始年齢を選ぶだけでも、受け取る金額に大きな影響を及ぼすのです。

この記事では、年金受給の基本から最新の情報、さらには具体的な生活における影響まで、年金について全体的に解説していきます。

私たちは、年金制度の背景や意義を理解することから、日本の年金制度や改正法案の最新情報を提供します。
さらに、年金受給の最適化のメリットやデメリット、リスク回避と対処法についても詳しく探ります。

あなたが年金受給の最適な選択をするために、実際の具体例や口コミ評判を共有します。
そして、最適な年金受給計画を立てるためのコツや手順、注意点を教えます。

最適な年金受給を支援するためのおすすめの商品やサービス、リソースやツールも紹介します。銀行による年金受給者への特典情報も含まれています。

この記事は、あなたが年金受給についての全体像を理解し、自身の生活に最適な選択をするための一助となることを目指しています。

年金受給に関する選択は、あなたの未来を大きく左右します。
その重要な選択を、より確信を持って行うための情報を提供します。

この記事の目次(クリックでジャンプ)

年金制度の基本的な意義

年金制度とは、働けなくなった高齢者が生活を維持できるようにするための社会保障の一つです。
年金は、働いているときに手に入る収入がなくなった時、生活を続けるための支援を提供するシステムです。

これは人生の長いマラソンレースのようなもので、フィニッシュラインに到達した時には、自分で歩く力がなくなるかもしれません。
そんな時に、年金制度が待機していて、ゴール後の生活をサポートしてくれるのです。

日本の年金制度の概要

日本の年金制度は、国民全員が加入する国民年金と、働く人が主に加入する厚生年金があります。
これは、多くの人が一緒にプールに水(お金)を入れ、その中から必要な人が引き出すという、大きな共同貯金箱のようなものです。
働いている間は自分が入れて、退職後はその貯金箱から受け取る、というシステムです。

年金受給年齢の選択肢とその影響

年金の受給開始年齢は、自分で選ぶことができます。
現在は、基本的に65歳から受給が開始されますが、受給を繰り上げることも、繰り下げることも可能です。

自分の年金をいつから受け取り始めるかを自分で決められる、という意味です。
早く受け取り始めると月額が減り、遅く受け取り始めると月額が増えるというルールがあります。

年金制度の改正とその影響

年金制度は政府によって管理されており、時々改正が行われます。
たとえば、最近の改正では、年金の受給開始年齢の選択肢が拡大され、受給を繰り下げて開始することができる上限が70歳から75歳に延長されました。

受給開始年齢の延長と受給額の増額率

年金の受給開始年齢を延長すると、受給額が増えます。
現在、70歳まで受給を繰り下げると、1カ月あたり0.7%ずつ受給額が増加します。

受給を10年間待って75歳で受給を開始すれば、受給額は約84%増となります。

平均寿命と年金受給額の関係

年金の受給額は、平均寿命と深く関連しています。
平均寿命が長いほど、受給額を増やすために受給開始年齢を繰り下げるメリットが大きくなる。

日本の平均寿命は85歳以上と長く、このため75歳から年金を受け取り始めると、長く増額された年金を受け取ることができます。

これは、もし自分の持っているお金を使わずにいられる時間が長ければ、そのお金を銀行に預けて利子をもらうメリットが大きくなるのと似ています。

高齢者になって資産運用はリスクが高いですが繰下げ受給は受給金額が確実に増加する方向になりますので感覚的には資産運用で低リスクで配当金を受け取っている感覚と同じです。

銀行による年金受給特典

年金を受け取る銀行によっても、受け取ることができる特典が異なります。

三井住友銀行
 年金振込口座に指定するだけで、三井住友銀行と三菱UFJ銀行のATMの手数料が無料になる。

ネット銀行のイオン銀行
  ATM・振込手数料だけでなく、預金金利の優遇があり、
  イオングループでの買い物割引も利用できます。

ゆうちょ銀行
 年金新規お受取りキャンペーンを毎年行っているが、特典は初回のみ・
 その後の特典は低いとされています。

年金事務所での相談

年金に関する相談や手続きは、全国の年金事務所で受け付けています。

年金の受け取りに関するご相談やお手続き、国民年金の加入や納付等に関するお手続きが可能です。
また、街角の年金相談センターでも「年金の受け取りに関するご相談やお手続き」ができます。

年金受給者が死亡した場合の未支給年金と遺族年金

年金受給者が死亡した場合、「未支給年金」が遺族に支給されます。
未支給年金とは、年金受給者が死亡した月までの年金のことを指します。
また、遺族年金の受給対象者がいる場合、遺族年金が支給されます。

遺族年金の額は繰り下げ前の年金額を基準に計算されますが、
繰り下げ受給による年金額の増加は遺族年金には反映されません。

遺族年金の受給

夫が亡くなった場合、配偶者である妻が遺族年金を受け取ることが可能です。
遺族年金は、年金加入者が亡くなった場合に、その遺族に対して支給される年金です。

遺族年金を受け取るためには、一定の要件があります。
詳しい条件や手続きについては、日本年金機構のホームページや最寄りの年金事務所にお問い合わせいただくと良いでしょう。

あわせて読みたい
老後後悔ランキングTOP5!知らないと大損? 老後の生活、あなたもすでに考え始めているのではないでしょうか?「老後の後悔ランキング」を検索してこのページに辿り着いたあなたは、将来の生活に対する不安や疑問...

受給開始年齢と受給額の関係

年金の受給開始年齢と受給額は、逆の関係にあります。
早く受給を開始すると月額が少なくなり、遅く受給を開始すると月額が多くなります。

65歳から受給する年金が本来180万円の人が、受給を10年間待って75歳で受給開始すると、
184%増の331万円となります。

あわせて読みたい
安全にお金を増やす!詳しく解説 お金を増やしたい、でもギャンブルは避けたい。そんなあなたにぴったりの内容です。はじめに言っておきますが、この記事で提供する方法は、一夜にして大金持ちになるよ...

年金受給の最適化のメリットとデメリットと対処法

年金受給の最適化は、自身の生活状況や健康状態に合わせて、受給開始年齢を選べるメリットがあります。
自分の生活設計に合わせて受給開始年齢を選ぶことで、最大限の受給額を得ることが可能です。

しかし、年金受給の最適化にはデメリットもあります。
受給開始年齢を遅くすると、その分だけ受給開始までの期間が長くなり、その間の生活費をどうするかが問題になり、自分の寿命を見積もるのは難しいため、最適な受給開始年齢を選ぶのは困難です。

対処法としては、受給開始年齢を選ぶ際に、自分の健康状態や生活状況を考慮すること、
また貯金など他の収入源を持つことが重要です。

年金受給開始年齢の選択とその結果についての具体例

男性の平均余命は81.41歳、女性の平均余命は87.45歳です。
受給開始時の年齢が65歳~75歳の場合における年金額と、男性と女性の合計受給額を示しています。

男性:68歳 年金受給を開始
女性:70歳 年金受給を開始することが、合計受給額が最大となります。

年間180万円=月15万円

受給開始年齢年金増加率年金額/年男性(平均余命まで)女性(平均余命まで)
65歳0.0%180万円2,954万円4,041万円
66歳8.4%195.123,007万円4,185万円
67歳16.8%210.243,030万円4,299万円
68歳25.2%225.363,022万円4,383万円
69歳33.6%240.482,984万円4,437万円
70歳42.0%255.62,927万円4,460万円
71歳50.4%270.722,818万円4,453万円
72歳58.8%285.842,690万円4,416万円
73歳67.2%300.962,531万円4,349万円
74歳75.6%316.082,342万円4,251万円
75歳84.0%331.22,123万円4,123万円

65歳で年金受給を開始し、年間の年金額が180万円の場合の合計受給金額
 男性:81.41歳まで年金受給で男性は約2,954万円
 女性:87.45歳まで年金受給で女性は約4,041万円

70歳まで繰越しすると約42%増加し、年間の年金額は約256万円になります。
 男性平均余命:81.41歳まで年金受給で男性は約2,927万円
 女性平均余命:87.45歳まで年金受給で女性は約4,460万円

75歳まで繰越しすると約84%増加し、年間の年金額は約331万円になります。
 男性平均余命:81.41歳まで年金受給で男性は約2,123万円
 女性平均余命:87.45歳まで年金受給で女性は約4,123万円

年金受給者からの口コミや評判

年金受給者からは様々な意見が聞かれます。

受給開始年齢を早くした人は、早く安定した収入が得られたというメリットを挙げますが、
受給額が少ないために生活が厳しいという声もあります。

一方、受給開始年齢を遅くした人は、受給額が大きいために生活が楽になったという意見が多いですが、
受給開始までの期間に生活費に困ったという経験を持つ人もいます。

年金受給年齢の最適化と計画の立て方

年金受給年齢の選択のコツは、自分の健康状態や生活状況を考慮することです。
健康に自信があり、長生きすると考えている場合は、受給開始年齢を遅くして受給額を増やすことを考えてみてください。

年金受給の最適化の方法は、自分の生活設計に合わせて受給開始年齢を選ぶことです。
自分の生活設計や健康状態に合わせて受給開始年齢を選ぶことで、最大限の受給額を得ることが可能です。

年金受給の最適化に向けた計画を立てるためには、
まず自分の健康状態や生活設計を考え、それに合わせて最適な受給開始年齢を決定します。

年金受給年齢の選択の注意点

年金受給年齢の選択には注意が必要です。
受給開始年齢を遅くすると、その分だけ受給開始までの期間が長くなり、その間の生活費をどうするかが問題になります。

自分の寿命を見積もるのは難しいため、最適な受給開始年齢を選ぶのは困難です。

年金受給に関連するリスクとその対処方法

年金受給にはリスクもあります。

受給開始年齢を遅くした場合、その前に亡くなってしまった場合、受給額を最大限に増やすことができません。

リスク回避するためには、自分の健康状態や生活状況を考慮して、適切な受給開始年齢を選ぶことが重要です。

年金受給の最適化におけるリスク管理

年金受給の最適化におけるリスク管理の方法としては、貯金など他の収入源を持つことが重要です。

受給開始年齢を遅くした場合でも、その間の生活費を補うための収入源を確保しておくことで、リスクを軽減することができます。

年金受給年齢の選択手順

年金受給年齢の選択手順は以下のとおりです。
自分の健康状態や生活設計を考慮します。
次に、それらの情報に基づいて受給開始年齢を決定します。そして、受給開始までの期間の生活費をどう捻出するかを考え、そのための貯金計画を立てます。

年金受給の最適化の手順

年金受給の最適化の手順は、年金受給年齢の選択手順と同様です。ただし、受給開始年齢の選択に加えて、最適な受給額を得るための計画も立てます。これには、自分の生活設計や健康状態に基づいた受給開始年齢の選択、そして受給開始までの期間の生活費をどう捻出するかを考えることが含まれます。

年金受給開始年齢の変更手順

年金受給開始年齢の変更は、一度決定した受給開始年齢を再評価し、自分の健康状態や生活設計に応じて変更することが可能です。しかし、この手順は一度しか行うことができず、また受給開始年齢を変更した場合、その後は元に戻すことはできません。

別々に繰下げ受給する方法もある。

老齢基礎年金と老齢厚生年金は日本の年金制度の一部で、それぞれ異なる制度として機能しています。

老齢基礎年金:全ての日本国民が一定年齢に達した時点で受け取ることができる基礎的な年金。
老齢厚生年金:厚生年金に加入していた人々が受け取ることができ、基礎年金とは別に計算。

老齢基礎年金と老齢厚生年金は別々に繰り下げることができます。

それぞれの年金の受給開始年齢を65歳から66歳以後75歳までの間で自由に選択することが可能で、繰り下げた期間によって年金額が増額されます​​。

夫婦で年金受給者が2人いる場合

それぞれが自身の年金受給を繰り下げることが可能です。
夫または妻が自身の年金を繰り下げて受け取る一方で、
もう一方の配偶者は通常通り受け取る、といった選択が可能です。

これらの年金は別々に繰り下げることができます。
受給開始年齢を遅らせることで、受給額を増やすことができます。これは、年金制度が長生きする人を支えるために設けられているためです。

まとめ

まとめ

老後の資産運用について考える時、年金は重要な要素です。
最近の日本では、年金受給開始年齢の上限を70歳から75歳に引き上げる法案が提出されています。

もし法案が通れば、65歳から受給予定だった年金を10年待って75歳から受給すると、84%増額になるとのこと。具体的には、本来年間180万円の年金が、331万円になる計算です。

それは大きな魅力ですね。しかし、その選択は自身の健康状態や平均寿命を考慮することが重要で、2023年の日本の平均寿命は
2019年:85.03歳です。女性の場合は87.45歳、男性は81.41歳
2023年:85.03歳です。女性の場合は87.97歳、男性は81.91歳​

また、年金受給の特典を提供する銀行もあります。三井住友銀行やイオン銀行では、手数料の無料化や金利の優遇があります。それぞれの銀行の特典を比較して、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

年金についての疑問や相談は、全国の年金事務所や日本年金機構のウェブサイトで可能です。老後の生活を安心して送るためにも、しっかりと情報収集し、最適な選択をしましょう。」

・年金受給開始年齢の上限が75歳に引き上げられる可能性がある
・75歳から受給開始すると、年金が84%増額する
・日本の平均寿命は2019年:85.03歳です。女性の場合は87.45歳、男性は81.41歳
          2023年:日本の平均寿命は85.03歳です。女性の場合は87.97歳、男性は81.91歳​
・一部の銀行では、年金受給の特典を提供している
・年金に関する相談は、全国の年金事務所で可能

Q&A

Q1: 年金受給開始年齢を遅らせると具体的にどれくらい年金額が増えるのですか?

A: 最近の提案された法案によれば、年金受給開始年齢を10年遅らせると、年金額が84%増加します。例えば、65歳から受給予定だった年金が年間180万円だった場合、75歳から受給すると331万円に増えます​​。

Q2: 日本の平均寿命は何歳ですか?

A: 2019年:日本の平均寿命は85.03歳です。女性の場合は87.45歳、男性は81.41歳
  2023年:日本の平均寿命は85.03歳です。女性の場合は87.97歳、男性は81.91歳​
※年々伸びてきています。

Q3: 年金受給に関連する銀行の特典は何がありますか?

A: 銀行によりますが、三井住友銀行では年金振込口座を指定すると、ATMの手数料が無料。
 また、イオン銀行では預金金利の優遇yイオングループでの買い物割引があります​​。

(スポンサーリンク)

受給

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次(クリックでジャンプ)