初心者必見!投資信託とETFの違いとは?

  • URLをコピーしました!

(スポンサーリンク)

お金を増やしたい。でもどうすればいいの?」こんな思いを抱いていませんか?
投資という手段があるのは知っているけれど、「投資信託」と「ETF」の違いがよく分からない、という方も多いのではないでしょうか。

ここで一緒に考えてみましょう。
自分の資産を増やすための最適な方法は何か、その答えを探し求めていきます。
その一つの手段として「投資信託」と「ETF」があります。
これらは似ているようでいて、実は違う特性を持っています。
それぞれの特性を理解し、自分に合った投資方法を見つけることが大切です。

本記事では、「投資信託」と「ETF」の基本的な違いから、それぞれのリスクとリターン、コスト、そして自動積立の可能性について詳しく解説します。
これを読むことで、初心者でも安心して投資について理解を深め、自分に最適な投資方法を見つける一助となることでしょう。

遠い未来のことを考えるのは難しいかもしれませんが、今の行動が将来の自分を作ります。
だからこそ、自分の未来をより良くするために、一緒に投資について学んでいきましょう。

この記事の目次(クリックでジャンプ)

投資信託とETFの基本的な違い

投資信託とETFはどちらも、投資のプロが選定した金融商品をパッケージ化した商品です。
しかし、取引の方法や場所、商品数や種類にはいくつかの違いがあります。

投資信託は、通常、金融機関や証券会社を通じて取引されます。
一方、ETFは証券取引所を通じて直接取引できるため、取引時間中ならいつでも売買できます。

また、投資信託は商品数や種類が豊富なのに対し、ETFは一部に限られています。
しかし、ETFは一部の指数を追跡するため、その分散効果や透明性に優れています。

投資信託とETFはどちらも、資産運用の手段として有効な商品です。
それぞれの特徴を理解した上で、自分に合った商品を選ぶことが大切です。

初心者の方であれば、取引の手軽さや商品数の多さから、投資信託の方がおすすめです。しかし、より分散効果や透明性の高い投資を求めるのであれば、ETFも検討してみるとよいでしょう。

あわせて読みたい
月1万円配当達成!初心者向け完全ガイド 配当金について気になったことはありますか?多くの人が「毎月少しでも追加の収入があれば、家族と楽しい時間を過ごしたり、特別な日に少し豪華なことができる」と思い...

リスクとリターン: 投資信託とETFのバランス

投資信託もETFも、それぞれにリスクとリターンがあります。
一般的には、リスクが高いほどリターンも高く、リスクが低いほどリターンも低いです。
リスクとリターンのバランスは、自分自身のリスク許容度や目標リターンにより異なるため、個々の状況により選択すべき商品が異なります。

あわせて読みたい
新NISAで資産を守り増やす方法 – 安全な投資戦略ガイド 結論:「新NISA 2024年対策」- インデックス投資が賢い選択 新NISAの利用で最も賢明な選択は、インデックス投資です。インデックス投資は、市場全体に分散投資するため...

コスト: 手数料の違い

投資信託とETFでは、手数料の構造が異なります。
投資信託は、購入時に販売手数料(フロントエンド費用)がかかることが一般的です。
一方、ETFは証券取引所で取引するため、売買時に手数料が発生します。

あわせて読みたい
安全にお金を増やす!詳しく解説 お金を増やしたい、でもギャンブルは避けたい。そんなあなたにぴったりの内容です。はじめに言っておきますが、この記事で提供する方法は、一夜にして大金持ちになるよ...

自動積立の可否: ETFの特異なデメリット

ETFの特異なデメリットとして、一部の商品で自動積立ができないという問題があります。
これは、投資信託のように定期的に一定の金額を自動的に投資することが難しいためです。

あわせて読みたい
50代からの安心投資!失敗回避術 50代、60代を迎えると、多くの人が退職や老後の生活を真剣に考え始めます。そんな大切な時期に、資産を増やすための投資は魅力的に思える一方で、失敗すると大きなダメ...

投資信託とETFの選択: どの要素を考慮するべきか

投資信託とETFの選択は、自分の投資目的やリスク許容度、手数料や取引の手間など要素を考慮する必要があります。
また、それぞれの商品が持つ特性やメリット・デメリットも理解することが重要です。

あわせて読みたい
知らなきゃ損!インデックス投資と4%ルールの真実 あなたは早期退職を夢見ていますか?あるいは、老後の安定した生活を手に入れるための具体的な計画を模索していますか。その夢、実は手の届くところにあるかもしれませ...

結論

以下は「投資信託とETF」の主要な特徴をまとめた表で、どちらを選択するかは個々の目的や状況により両者の特性を理解し、自分自身にとって最適な投資商品を選びましょう。

投資信託ETF
販売会社証券会社、銀行など証券会社
上場の有無非上場上場
注文できる時間基本的にいつでも注文ができる証券取引所の取引時間中
価格変動1日1回リアルタイム
銘柄数約6000銘柄約250銘柄
運用方法パッシブ運用・アクティブ運用パッシブ運用
分配金受け取りと再投資を選択できる受け取りのみ
購入時の手数料販売手数料や申込手数料が発生する場合が多い売買時に取引手数料が発生
売却時の手数料信託財産留保額が発生する場合がある売買時に取引手数料が発生
保有中の手数料(信託報酬)ETFより高め投資信託より低め
自動積立可能な場合が多い一部商品では不可能な場合がある
あわせて読みたい
高配当株のタイミング、知らなきゃ損! あなたは高配当株の投資で成功を収めたい、と考えていませんか?高配当株の魅力は、安定した利回りを求める多くの投資家にとって、無視できないものとなっています。し...

主要ETFの説明

VT、VTI、VOO、 QQQ、SPYD、 HDV、VYMというETFの比較を表し各ファンドの重要な特性です。
詳細な現在の情報(運用資産、分配利回り、経費率など)は各ファンドの最新の公式情報をご確認ください。
※2023年4月末での数値

各ETFは異なる市場や投資戦略をカバーしていますので、あなたが何を重視するかによって最適なETFは変わります。

例えば、
テクノロジーセクターに投資したい場合はQQQが、高配当を重視する場合はSPYDやHDV、VYMが適しています。

経費率は低いほど良くETFを管理するためにかかる費用を示しており、この費用が低ければ低いほど、あなたの投資リターンが大きくなります。例えば、VTIやVOOの経費率は非常に低い0.03%です。

また、配当利回りは高いほど良いとされています。
これは、ETFが投資家に支払う利益の割合を示しており、この割合が高ければ高いほど、あなたの投資リターンが大きくなります。

例えば、SPYDやHDV、VYMの配当利回りは3%以上と高いです。

ただし、これらの指標だけを見て投資を決めるべきではありません。
それぞれのETFがどのような投資戦略を採用しているか、どのようなリスクがあるかを理解した上で、あなた自身の投資目標やリスク許容度に合ったETFを選ぶことが重要です。

ETF開始価格52週間の値幅発行株式数合計純資産経費率配当配当利回り
VT$92.49$76.80 – $94.87293.3M$26.756B0.07%$0.292.06%
VTI$206.00$174.84 – $217.201.39B$285.505B0.03%$0.791.57%
VOO$381.64$319.87 – $396.89771.17M$293.277B0.03%$1.491.57%
QQQ$340.76$254.26 – $349.25534.55M$173.936B0.20%$0.470.62%
HDV$98.44$91.24 – $109.88108.9M$10.45B0.08%$1.043.78%
VYM$102.00$94.59 – $113.78458.35M$49.783B0.06%$0.723.23%

VT (Vanguard Total World Stock ETF)
全世界の株式市場をカバーするETFで、約26.8兆円の資産が運用されています。経費率は0.07%で、配当利回りは2.06%です。これはお金を全世界の多様な企業に分散投資したい場合に選ぶと良いETFです。

VTI (Vanguard Total Stock Market ETF)
アメリカの株式市場全体をカバーするETFで、約285.5兆円の資産が運用されています。経費率は0.03%で、配当利回りは1.57%です。これはお金をアメリカの多様な企業に分散投資したい場合に選ぶと良いETFです。

VOO (Vanguard S&P 500 ETF)
アメリカの大型株500社をカバーするETFで、約293.3兆円の資産が運用されています。経費率は0.03%で、配当利回りは1.57%です。これはアメリカの大型企業に投資したい場合に選ぶと良いETFです。

QQQ (Invesco QQQ Trust)
NASDAQの大型株100社をカバーするETFで、約174.0兆円の資産が運用されています。経費率は0.20%で、配当利回りは0.62%です。これはテクノロジーセクターに強い影響力を持つ企業に投資したい場合に選ぶと良いETFです。

SPYD (SPDR Portfolio S&P 500 High Dividend ETF)
S&P500の中から高配当株を選択したETFで、約1.8兆円の資産が運用されています。経費率は0.07%で、配当利回りは4.45%です。これは高い配当を得たい場合に選ぶと良いETFです。

HDV (iShares Core High Dividend ETF)
高配当の米国株を選択したETFで、約10.5兆円の資産が運用されています。経費率は0.08%で、配当利回りは3.78%です。これは高い配当を得たい場合に選ぶと良いETFです。

VYM (Vanguard High Dividend Yield ETF)
高配当の米国株を選択したETFで、約49.8兆円の資産が運用されています。経費率は0.06%で、配当利回りは3.23%です。これも高い配当を得たい場合に選ぶと良いETFです。

各ETFの数値内容

開始価格
 市場が開くときの株式やETFの価格です。取引が始まる前の需給バランスによって決まります。

52週間の値幅
 過去52週間(1年)で記録された最高値と最低値の間の範囲を指します。
 これはその証券の価格変動の範囲を示しています。

発行株式数
 ETFが発行した総株式数を指します。
 これはETFの規模を示し、流動性の一部を表しています。

合計純資産 (Total Net Assets)
 ETFが保有する総資産から負債を引いたものです。
 これはETFの規模を示しています。

経費率 (Expense Ratio)
 ETFの運用に関連する費用を表すパーセンテージです。
 これには管理費用、監査費用、その他の運営費用が含まれます。
 この数値が低ければ低いほど、投資家のリターンが高くなる可能性があります。

配当 (Dividend)
 ETFが保有する企業が利益を株主に分配するときのその分配額です。
 これらの配当を集めて、定期的に(通常は四半期ごとに)投資家に分配します。

配当利回り (Dividend Yield)
 配当を現在の株価で割ったもので、パーセンテージで表されます。
 これは投資の「収益率」を示す一つの指標であり、特にインカム志向の投資家にとって重要です。

まとめ

まとめ

投資信託とETFはどちらも証券商品ですが、特徴や利用方法は異なります。投資信託は非上場の集合投資スキームで、証券会社や銀行から購入します[1][8]。一方、ETFは上場投資信託で、取引所を通じて売買できます[3]。

投資信託は、商品数や種類が豊富ですが、ETFはコスト面で優れ、実時間での取引が可能です[1][2][4]。

リスクとリターン、コスト、そして自動積立の可否など、投資商品を選択する際にはこれらの要素をよく考えることが大切です[6][7]。

結局、投資信託とETFのどちらが良いかは、あなたの投資目的やリスク許容度によるところが大きいです[4]。自分にとって最適な選択をするためには、各商品の特性を理解することが重要です。

【重要なポイント】

・投資信託とETFの大きな違いは、一つは上場していて、もう一つは上場していないことです。
・投資信託は基本的にいつでも注文ができ、ETFは証券取引所の取引時間中のみ注文可能です。
・商品数や種類は、投資信託の方が多いですが、ETFはコスト面で優れています。
・自動積立の可否など、投資商品を選択する際にはリスクとリターン、コストなどの要素が重要です。
・投資信託とETFのどちらが良いかは、あなたの投資目的やリスク許容度によるところが大きいです。

Q&A

Q1. 投資信託とETFはどういった点で異なるのですか?

A1: 投資信託とETFはいくつかの重要な点で異なります。
投資信託は証券会社や銀行から購入し、基本的にはいつでも注文が可能です。
一方、ETFは取引所で売買され、その取引時間中にのみ注文が可能です。
また、投資信託は商品の種類が豊富ですが、ETFはコスト面で優れ、価格の変動がリアルタイムで分かるという利点があります。

Q2. 投資信託とETFのどちらを選ぶべきでしょうか?

A2: 投資信託とETFのどちらを選ぶかは、あなたの投資目的やリスク許容度、手数料や取引の手間などを考慮することが重要です。
少額でも投資を始められ、種類が豊富な投資信託は、初心者にとっては理解しやすいかもしれません。
一方、低コストで効率的なパッシブ投資をしたい場合は、ETFが適しているかもしれません。

Q3. ETFの自動積立にはどのような問題点がありますか?

A3: ETFは取引所上場商品であり、取引時間中にのみ売買が可能で、自動積立が難しい場合があります。
このため、定期的な投資を計画している場合、投資信託の方が適しているかもしれません。
ただし、証券会社によっては、ETFの自動積立サービスを提供しているところもありますので、詳細は各証券会社にお問い合わせください。

(スポンサーリンク)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次(クリックでジャンプ)