MENU

高齢者の親が自立できる金銭管理術:ファイナンシャルプランナーが実践するSuica活用法

スマート改札
  • URLをコピーしました!

(スポンサーリンク)

高齢者の親の金銭管理に悩むあなたへ」問題提起:高齢者の親がお金の管理に困り、親子関係や生活の質に悪影響を及ぼすことがあります。

Suicaを活用した金銭管理と生活サポートの成功事例を通して、どのように問題が解決されたかを理解できます。
また、親子関係の改善や高齢者の親の生活の質向上につながる方法を学び、同じ悩みを抱える人に役立てることができます。

本記事の目的:Suicaを活用した金銭管理と生活サポートの事例紹介
Suicaを活用して高齢者の親の金銭管理と生活サポートを改善した事例を紹介します。

この記事の目次(クリックでジャンプ)

はじめに

Suica

高齢者は徐々に物忘れが増えるため、現金の管理が難しくなりがちです。
また、お金に関するトラブルも増える傾向にあります。

高齢者の親がお金の管理に困っている背景

記憶力の低下:
 加齢に伴い、記憶力が低下することがあります。
 これにより、お金の管理が難しくなることがあります。
 たとえば、買い物をした際の支払い金額や残高を忘れてしまうことがあるでしょう。

認知機能の低下:
 高齢者がお金の管理に困る主な理由の一つです。
 認知機能が低下すると、計算能力や判断力が衰え、お金の管理が難しくなります。

現金主義:
 高齢者は、現金主義の世代が多く、電子マネーやクレジットカードに抵抗感があります。
 これが、お金の管理を難しくしている場合があります。

家族構成の変化:
 高齢者の親が一人暮らしになることで、家計管理や生活費のやりくりが難しくなることがあります。
 また、子供たちが独立し、頼れる家族がいなくなることで、お金の管理に不安を感じる。

生活費の増加:
 医療費や介護費用など、高齢者にかかる費用が増加することがあります。
 これにより、お金の管理が難しくなることがあります。

これらの要因が重なることで、高齢者の親がお金の管理に困ることがあります。
そのため、適切なサポートやアドバイスが必要となることがあります。

あわせて読みたい
Apple PayでSuica/PASMOを最大限活用する方法:完全ガイド Apple PayでSuicaやPASMOを利用する方法が分からず、困っている方は少なくありません。「難しい」と感じたり、「どうやって登録するの?」と疑問に思っている方もいるで...

Suicaを活用した金銭管理の導入

現金からSuicaへの移行の経緯
現金の管理が難しくなったことから、親の支払い方法をSUICAに変更しました。

お金の管理が簡単になった理由
Suicaを使うことで、残高管理が簡単になり、小銭の減少もありました。

月末のお金の不足が解消された理由
Suicaのチャージ金額を最高1万円に制限することで、月末のお金の不足が解消されました。

あわせて読みたい
安全にお金を増やす!詳しく解説 お金を増やしたい、でもギャンブルは避けたい。そんなあなたにぴったりの内容です。はじめに言っておきますが、この記事で提供する方法は、一夜にして大金持ちになるよ...

交通手段の利便性向上

電車やバスでの移動が簡単になったこと
Suicaを持っていることで、電車やバスの利用がスムーズになり、移動が簡単になりました。

あわせて読みたい
【ドコモガラケー】高齢者必見!お得な選び方 現代において、私たちの生活と密接に関連している携帯電話。特に高齢者にとって、シンプルで使いやすい携帯は、日常の大切なコミュニケーションツールとして欠かせませ...

交通機関の利用がスムーズになるメリット

時間の節約:
 電子マネーを利用することで、切符を買う手間や並ぶ時間が省けます。
 これにより、移動時間が短縮され、効率的な移動が可能になります。

快適な移動:
 スムーズな交通機関の利用は、ストレスを軽減します。
 特に、電子マネーを利用することで、乗車や降車時に現金を探す手間がなくなり、
 移動が快適になります。

現金管理の簡素化:
 電子マネーを利用することで、現金を持ち歩く必要が減ります。
 これにより、現金の管理が簡単になり、紛失や盗難のリスクも減少します。

残高の把握:
 電子マネーの利用履歴や残高を容易に確認できるため、お金の管理がしやすくなります。
 また、利用履歴を見ることで、自分の移動パターンや支出状況を把握しやすくなります。

ポイントや特典の利用:
 電子マネーを利用することで、ポイントや特典が得られる場合があります。
 これにより、お得に移動ができることもあります。

万が一の対応:
 電子マネーを利用していると、紛失や盗難に遭った場合でも、履歴や残高を確認できるため、
 対応がしやすくなります。

これらのメリットにより、交通機関の利用がスムーズになることで、高齢者の親の生活の質が向上し、
自立支援につながります。

家計管理とコミュニケーションの改善

コミニュケーション

レシートから家計簿をつけることで現状把握が可能に
親がレシートから家計簿をつけることで、お金の流れが把握できるようになりました。

お金の管理が簡単になる:
 電子マネーを利用することで、お金の管理が簡単になります。
 支出履歴や残高を確認することで、家計状況が把握しやすくなり、
 無駄遣いや予算オーバーを防ぐことができます。

親子間の会話が増える:
 家計管理が改善されることで、高齢者の親と子供とのコミュニケーションが増えます。
 お金の管理や献立に関する話題が増えることで、親子間の関係が深まります。

サポートがしやすくなる:
 電子マネーを利用することで、家計管理が透明化され、子供が親の支援をしやすくなります。
 親の財政状況が把握しやすくなるため、必要なサポートやアドバイスが提供できます。

生活費のやりくりが楽になる:
 家計管理が改善されることで、生活費のやりくりが楽になります。
 親子間のコミュニケーションが増えることで、高齢者の親が自分のニーズを伝えやすくなり、
 子供が適切なサポートを提供できます。

予算管理の自立支援:
 家計管理が改善されることで、高齢者の親が自分で予算を立てやすくなります。
 子供がサポートを提供しつつ、親が自立して予算管理ができるようになることで、
 親子間の信頼関係が強化されます。

これらの効果により、家計管理とコミュニケーションの改善が、高齢者の親の生活の質を向上させ、
親子関係を強化します。

あわせて読みたい
FPが解説する老齢基礎年金と老齢厚生年金の繰り下げ受給の選択 年金受給を繰り下げることで、受給額が増加するメリットがありますが、その選択が自分の将来にとって適切かどうかは検討が必要です。 この記事では、老齢基礎年金と老齢...

献立についての会話が増える

親との会話が増え、献立について話す機会が増えました。

親子間の絆が深まる:
 高齢者の親と子供との間に共通の話題が生まれ、親子間の絆が深まります。
 お互いの好みやニーズについて理解し合うことで、親子の関係がより良好になります。

食事の質が向上する:
 高齢者の親が自分の好みや栄養ニーズを子供に伝えることができます。
 子供がこれを受け止め、適切な食材や料理を提案することで、食事の質が向上します。

栄養バランスの改善:
 献立に関する会話を通じて、親子間で栄養バランスの重要性が共有されます。
 これにより、高齢者の親が健康的な食事を心がけるようになり、栄養バランスが改善されるでしょう。

食事の楽しみが増す:
 高齢者の親が食事の楽しみを感じやすくなります。
 新しい料理や食材に触れることで、食事のバリエーションが豊かになり、食事が楽しみになります。

高齢者の親の自立支援:
 高齢者の親が自分で献立を立てる能力が向上します。
 子供がサポートしながら、親が自立して献立を立てることが親子間の信頼関係が強化されます。

これらの効果により、献立についての会話が増えることが、高齢者の親の生活の質を向上させ、
親子関係を強化します。

重い物の買い物に同行して対応

親が重いものを買い物する際に同行し、サポートすることができました。

身体的負担の軽減:
 高齢者にとって、重い物の買い物は身体的な負担が大きいものです。
 子供が同行して重い物を持つことで、親の身体への負担が軽減され、健康維持につながります。

安全面の確保:
 高齢者の親が持ち運び中に転倒や怪我をするリスクが減ります。
 子供が安全に重い物を運ぶことで、親の安全が確保されます。

買い物の質が向上:
 子供が同行することで、高齢者の親は自分のニーズに合った重い物を選ぶことができます。
 子供がアドバイスやサポートを提供することで、買い物の質が向上します。

親子間のコミュニケーションが増える:
 親子間のコミュニケーションが増えます。
 買い物を通じて共通の話題が生まれ、親子関係が強化されます。

高齢者の親の自立支援:
 高齢者の親が自分で買い物に行く意欲が高まります。
 子供がサポートしながら、親が自立して買い物ができるようになると、親子間の信頼関係が強化されます。

これらの効果により、重い物の買い物に同行して対応することが、高齢者の親の生活の質を向上させ、親子関係を強化します。子供が積極的に高齢者の親をサポートすることで、親の安心感や生活の充実感が高まります。

あわせて読みたい
老後後悔ランキングTOP5!知らないと大損? 老後の生活、あなたもすでに考え始めているのではないでしょうか?「老後の後悔ランキング」を検索してこのページに辿り着いたあなたは、将来の生活に対する不安や疑問...

金銭管理の自立支援

支払い

近くのチャージ可能なお店のリスト作成

親が自分でチャージできるお店を探せるよるように、近くのチャージ可能なお店のリストを作成しました。

近隣のチャージ可能なお店を調査:
 まずは、高齢者の親の自宅周辺にある、Suicaチャージが可能なお店を調査します。
 コンビニエンスストア、ドラッグストア、駅構内の自動券売機など、
 チャージができる場所をリストアップします。

お店の情報をまとめる:
 お店の名前、住所、営業時間、アクセス方法、チャージ手順など、必要な情報をまとめます。
 分かりやすい地図やアクセスルートを記載すると、親にとって役立ちます。

リストを分かりやすく整理:
 お店の情報を、カテゴリ別(例:コンビニエンスストア、ドラッグストアなど)や
 距離別(近い順)に整理して、分かりやすいリストにまとめます。

高齢者の親にリストを提供:
 整理したリストを高齢者の親に提供し、どのお店でチャージができるかを説明します。
 必要であれば、チャージ方法やお店までの行き方なども一緒に説明しましょう。

何度か一緒にチャージに行く:
 最初は一緒にチャージに行って、実際に親がチャージ方法を覚えるまでサポートします。
 何度か一緒に行くことで、親が自信を持って自分でチャージできるようになります。

定期的なフォロー:
 リストを提供した後も、定期的に親にチャージの状況を確認し、必要であればサポートを続けます。
 お店の情報が変わった場合は、リストを更新して親に伝えましょう。

このように、近くのチャージ可能なお店のリストを作成し、親に提供することで、親が自分でチャージできるようになります。リストを活用して親が自立し、金銭管理がスムーズに行えるようにサポートしましょう。

Suicaと互換性がある交通系カードは?

交通系ICカード

日本の交通系ICカードは、全国で相互利用が可能になっています。
以下に、Suicaと互換性がある主要な交通系ICカードをリストアップします。

PASMO(パスモ) -東京メトロや東京都交通局(都営)などが発行しています。
ICOCA(イコカ) – 西日本旅客鉄道(JR西日本)が発行するカード。
TOICA(トイカ) – 東海旅客鉄道(JR東海)が発行する。
manaca(マナカ) – 名古屋市交通局や名鉄バスなどが発行するカード。
PiTaPa(ピタパ) – 関西地方で使用される、主に私鉄やバス会社が発行する後払い式カード。
SUGOCA(スイカ)- 九州旅客鉄道(JR九州)が発行するカード。
nimoca(ニモカ) – 西鉄バスや西鉄電車が発行するカード。
Kitaca(キタカ) – 北海道旅客鉄道(JR北海道)が発行するカード。

これらの交通系ICカードは、
Suicaと互換性があり、全国の鉄道やバス、コンビニエンスストアなどで相互利用が可能です。
ただし、一部の地域や私鉄では利用できない場合もあるため、事前に確認しておくことが望ましいです。

まとめ

まとめ

Suicaを活用した金銭管理が親子関係や生活の質に与えたプラスの影響

Suicaを使った金銭管理によって、親子関係が改善され、生活の質も向上しました。
また、親が自立して金銭管理ができるようになったことも大きなプラスです。

今後のサポートやコミュニケーションの大切さ


Suicaを活用することで得られた効果は大きいものの、今後もサポートやコミュニケーションを続けることが、高齢者の親の安心感や生活の質を保つために重要です。

本記事では、Siuicaを活用した金銭管理と生活サポートの事例を紹介しました。
電車やバスでの移動が簡単になるなど、Suicaの活用が高齢者の親の生活全般にプラスの影響を与えています。
同じような悩みを持つ方は、是非ともSuicaを活用してみてください。

(スポンサーリンク)

スマート改札

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次(クリックでジャンプ)