イエーで賃貸初期費用を抑える!その驚きの方法とは?

  • URLをコピーしました!

(スポンサーリンク)

賃貸物件探しは手間がかかり、初期費用も高額になりがちですよね。

仲介手数料や礼金、敷金など、初めての賃貸探しではどこでコストを抑えられるのか分からない…

そんなあなたにぴったりのサービスが「イエー」です。賃貸物件の不動産屋を比較し、あなたに最適な物件を見つける手助けをしてくれます。

しかし、一体イエーはどのようなサービスなのでしょうか?

初期費用は本当に抑えられるのでしょうか?

イエーは、その物件を最も安く契約できる賃貸物件仲介屋さんです。

また、似たようなサービス「イエプラ」と何が違うのでしょうか?

この記事では、初心者でも分かるように、イエーの特徴や使い方、メリット・デメリットをわかりやすく解説していきます。

イエーの活用で、あなたの賃貸探しがもっとスムーズに、もっと経済的になることを願っています。

この記事の目次(クリックでジャンプ)

イエー!(yeah!)とは何か?

イエー!(yeah!)とは、賃貸物件を探す際の便利なサポートサービスの一つであり、不動産屋の比較を可能にします。

これは、例えるならば、レストランを探すときに便利な「食べログ」や、ホテルを探す際に役立つ「じゃらん」のようなものと理解していただけると分かりやすいかもしれません。

つまり、個々の人々が自分に合った賃貸物件を探しやすくするためのツールとなるのです。

このサービスは、賃貸物件の比較や、その後の手続きの補助を通じて、賃貸契約をスムーズに行うことを可能にします。具体的には以下のようなサポートを提供しています。

賃貸物件の不動産屋比較サービス

イエーの主な特徴の一つは、様々な不動産屋を比較できる点です。

この機能により、一つの物件について複数の不動産屋からの情報を比較し、ユーザーにとって最適な選択をすることが可能になります。

これは、例えば、あなたがスーパーマーケットでお買い物をするとき、同じ商品でも各店舗で価格が異なることがありますよね。

それと同じように、同じ物件でも、不動産屋によって提示される条件や価格が異なることがあるため、この比較機能は非常に役立ちます。

イエーの運営は株式会社S.K.Partnersがおこなっている

イエーは、株式会社S.K.Partnersによって運営されています。

この企業は、賃貸情報の一元化や物件の比較が行えるこのようなサービスを提供しており、これにより消費者の利便性を向上させています。

この株式会社S.K.Partnersについてもっと詳しく知りたい方は、企業の公式ウェブサイトをご覧いただくことで、詳細な企業情報や、他の提供サービスなどについても知ることができます。

以上が、イエーとは何か、という点についての基本的な説明となります。

このサービスを利用することで、自分に最適な物件を探しやすくなり、賃貸契約もスムーズに行えるようになります。

イエーの対応エリアと対応方法

イエーがどの地域に対応しているのか、またどのような方法でサービスを提供しているのか、というのは賃貸を探す際に非常に重要な情報です。次に、これらの点について詳しく説明します。

対応エリアは一部の都府県のみ

まずはじめに、イエーの対応エリアについて説明します。

現在のところ、イエーが対応しているエリアは一部の都府県に限られています。

これを例えると、テレビのアンテナの受信エリアが限られているようなものです。

全国どこでも映るわけではなく、特定の地域でしか見ることができないということです。

同様に、イエーも特定の地域の物件情報のみ提供しています。

そのため、利用する際には自分の物件を探すエリアがサービスの対応範囲内かどうかを確認することが必要となります。

現在、東京・千葉・埼玉・神奈川・大阪が対象です。
栃木・兵庫・京都・奈良・福岡は、内見したい物件、申込物件が決まっている方が対象です。
札幌・愛知は近日サービス開始予定です。

メールでのやり取りがおすすめ

また、イエーを利用する際のやり取り方法として、メールがおすすめです。

これは、例えると、友人との連絡をLINEやWhatsAppなどのメッセージアプリで取るのが一般的ですが、公式の手続きや契約などではEメールが使われるようなものです。

メールには記録が残るため、後で何が話されたか確認することができます。

また、時間を選ばずに質問したり情報を確認することができるため、利用者にとって便利です。

ただし、返信には時間がかかることもあるため、すぐに回答が欲しい場合は、電話やチャットなど他の方法を選ぶことも考えられます。

以上が、イエーの対応エリアと対応方法についての基本的な説明です。
サービスを活用する際には、自分が探す物件の地域が対応エリア内にあること、そして自分にとって都合の良いやり取り方法を選ぶことが重要となります。

私は実際にイエーを使って賃貸契約した際は、全てメールでやりとりをしました。

イエーの利用のメリットとデメリット

イエーを利用する上でのメリットとデメリットを理解することは、このサービスが自分の物件探しに最適かどうかを判断するのに役立ちます。

以下で具体的な利点と欠点について説明します。

イエー経由で初期費用は安くなる

まず、イエーの利用メリットの一つとして、初期費用の節約が挙げられます。

これは、新しくアパートやマンションに引っ越すときには、家賃のほかに敷金や礼金、仲介手数料など、様々な初期費用が発生します。

イエーを経由して物件を契約すると、これらの初期費用が割引される、または一部が免除されるケースがあります。

これはまるで、新商品の発売記念で商品が割引されるようなものです。

仲介手数料の最大金額は33,000円(税込)

次に、イエーの利用メリットとして、仲介手数料が一定額に抑えられる点があります。

イエーでは、仲介手数料の最大金額が33,000円(税込)に設定されています。

これは、例えばコンビニで買い物をするときに、全商品が一定価格で買えるようなものです。
このように、イエーを利用すれば、物件の家賃に関わらず一定の仲介手数料で物件を契約できます。

入居お祝い金(キャッシュバック)が付く物件もある

また、イエーでは、特定の物件に対して入居お祝い金(キャッシュバック)が付く場合があります。

これは、スーパーのポイントカードで買い物をするとポイントが付き、それを次回の買い物に活用できるようなものです。このお祝い金を利用することで、初期費用の一部を補うことが可能です。

物件の紹介はおこなっていない

一方、イエーのデメリットの一つに、物件の紹介をおこなっていない点が挙げられます。

これは、普通の不動産屋では物件の情報を提供し、見学の予約などを手配してくれますが、イエーではそのようなサービスは提供していません。

ですので、自分で物件を探し、イエーにURLを送るという手間が必要となります。

イエーで起きがちなトラブルはある?

また、イエーのデメリットとして起こり得るトラブルについても認識しておく必要があります。

例えば、物件情報の取得が遅い、回答が遅い、予約が取りづらい、などが考えられます。
これはまるで、レストランで予約を入れているにも関わらず、予定の時間に席が用意されていないような状況です。

私の場合、特に上記のようなトラブルは一切ありませんでした。
トラブルを避けるために、お互いに気持ちよくやり取り出来るように心がけることが良い契約を得やすいです。

イエーのデメリットは?

上記以外にも、イエーのデメリットは存在します。それぞれの利用者の状況や要求によって、デメリットと感じる点は異なるかもしれません。

一部の対応エリアしかない、メールでのやり取りに時間がかかる、などが具体的な例です。

以上が、イエーの利用のメリットとデメリットについての説明です。

これらを理解した上で、自分自身のニーズに合ったサービスを選びましょう。

イエーは、返信が遅いことがあります。

イエーでの賃貸契約の特性

イエーで賃貸物件を探す際の契約についての特性を理解することは、自分に合ったサービスを選ぶ上で非常に重要です。

ここでは、イエーの特性と具体的な契約手順について説明します。

イエーは賃貸契約で交渉してくれる

まず、イエーの特性の一つとして、賃貸契約の交渉をおこなってくれる点が挙げられます。

これは、自分で物件を見つけた後、イエーにURLを送ることで、イエーが物件の取引先である不動産屋との交渉を代行してくれます。

これはまるで、自分が商品を見つけて購入を決意した後、その商品の販売元と交渉してくれるパーソナルショッパーのようなものです。

入居者が不利にならないように交渉している

次に、イエーでは、物件の契約条件や価格について、入居者が不利にならないように不動産屋に対して交渉を行います。

これは、自分が商品を購入するときに、その商品の品質や価格について、自分が不利にならないように販売元と交渉を行ってくれる消費者保護団体のようなものです。

このように、イエーは入居者の権利を守るために、不動産屋と交渉を行います。

原則として顧客側からの交渉は受け付けていない

一方で、イエーの特性として重要なのは、顧客側からの交渉は原則として受け付けていないという点です。

これは、例えば自分が店で商品を購入するときに、商品の値段や品質について自分で店と交渉するのではなく、それを代行してくれる人がいるようなものです。

これはイエーが、プロフェッショナルとしてのスキルと経験を活かし、顧客に代わって交渉を行うためです。

契約はどうするの?

さて、イエーを通じて物件を見つけ、条件も満足できたとき、次に思うのが「契約はどうするの?」ということでしょう。

契約手続きはイエーが行い、顧客は指示に従って必要な書類を提出します。

具体的な手続きはイエーからの連絡に従って行えば大丈夫です。

以上が、イエーでの賃貸契約の特性についての説明です。これらを理解し、自分のライフスタイルに合ったサービスを選んでください。

イエーの使い方

イエーの使い方を理解することは、賃貸物件を探す上で欠かせません。

それでは、イエーの使用方法をステップバイステップで見ていきましょう。

・イエーの公式LINEアカウントと友だちになる
・物件名かURLを送る
・内見の日程を調整する
・内見に行く
・物件が決まったら申し込む

イエーを利用する際のやり取り方法として、メールがおすすめです。
メールには記録が残るため、後で何が話されたか確認することができます。

私のおすすめ

・イエーの公メールに連絡する
・物件名かURLを送る
・内見の日程を調整する
・内見に行く
・物件が決まったら申し込む

イエー!
イエー! 部屋探しは不動産屋探しから。イエー!は賃貸物件の不動産屋比較サービスです!

イエーの公式LINEアカウントと友だちになる

まず最初に、イエーと繋がるためには、イエーの公式LINEアカウントと友だちになる必要があります。

これはまるで新しい友人とつながるために、その人をLINEの友だちに追加するのと同じです。

イエーの公式LINEアカウントを友だちに追加すると、物件に関する情報交換がスムーズになります。

メールの場合

イエー公式メールアドレスに連絡を入れてやり取りを開始出来ます。
Lineとメールではやり取りで大きな違いはありませんが、やり取りを文章で残せるので有効です。

物件名かURLを送る

次に、気に入った物件が見つかったら、その物件の名前やURLをイエーのLINEアカウントに送ります。

これは、ある商品が気に入った時に、その商品の情報を友人に共有するようなものです。

物件の情報をイエーに送ることで、イエーが不動産屋との交渉を行います。

内見の日程を調整する

物件情報を送った後は、内見の日程をイエーと調整します。

これは、友人と遊びの計画を立てる時に、その日程を調整するのと同じです。

内見の日程をスムーズに調整することで、物件の良し悪しを自分の目で確認することができます。

内見に行く

日程が決まったら、内見に行きます。

これは、旅行の計画が立てられたら、その場所に実際に足を運ぶのと同じです。

内見を行うことで、物件の実際の様子を確認し、自分にとって適切な物件であるかを確認することができます。

物件が決まったら申し込む

最後に、物件が決まったら、その物件に申し込みます。

これは、欲しい商品が決まったら、その商品を購入するのと同じです。

物件が決まったら、イエーにその旨を伝え、契約手続きを進めていきます。

以上が、イエーの使い方の基本的なステップです。これらを理解し、賃貸物件を探す際に活用してください。

あわせて読みたい
公共住宅のメリット・デメリット徹底解説! 公共住宅は、あなたの生活を劇的に変えるかもしれない選択肢のひとつです。家賃が安いだけでなく、安定した住環境や充実した共用施設が提供されているので、経済的に厳...

イエーと似たサービスとの比較

賃貸物件を探す際には、イエーだけでなく他のサービスも利用できます。

では、イエーと他の似たサービスを比較してみましょう。

仲介手数料を抑えられるのは「イエー」

イエーの大きな特徴として、仲介手数料を抑えることができる点が挙げられます。

これは、例えば、高価なブランド品をディスカウント価格で手に入れるのに似ています。

イエーは、物件情報を送るだけで、仲介手数料を抑える交渉を行ってくれます。

これにより、初期費用を大幅に節約することが可能です。

「イエプラ」は総合的なメリットが大きい

一方で、「イエプラ」は総合的なメリットが大きいサービスです。

これは、例えば、スーパーマーケットで一つの商品を購入すると、他の商品も割引になるクーポンをもらえるような感じです。

イエプラは、賃貸物件の検索から契約まで一貫してサポートしてくれるので、特に初めて賃貸物件を探す人にとっては、安心感があります。

以上の比較からも分かるように、各サービスにはそれぞれ異なる特性とメリットがあります。

自分のニーズに合ったサービスを選び、効率的に賃貸物件を探すことが重要です。

まとめ

まとめ

賃貸物件を探すなら、「イエー」を知らなければ損をするかもしれません。

なぜなら、イエーは賃貸物件の不動産屋比較サービスで、初期費用を安くする仲介手数料の交渉を代行してくれるからです。

しかも、それらのサービスを全国の一部の都府県で利用でき、メールで手軽にやり取りが可能です。

しかし、イエーを利用するときにはいくつか注意点もあります。

たとえば、物件の紹介は行っていないため、自分で探す必要があります。

また、顧客からの交渉は原則として受け付けていないため、自分で条件を変更するのは難しいでしょう。

しかし、これらのデメリットを上手く利用し、自分の好みに合った物件を見つけるコツがあります。

イエーは、物件情報をメールで送るだけで、内見の日程調整から申し込みまで行ってくれるため、とても便利です。

似たようなサービスに「イエプラ」がありますが、イエーとは違い、賃貸物件の検索から契約まで一貫してサポートしてくれます。

どちらのサービスも、自分のニーズに合ったものを選びましょう。

また、どちらのサービスも利用する前には、各サービスの特性を理解し、適切な使い方を知ることが重要です。

特に重要なポイントは以下の通りです。

・イエーは仲介手数料を抑えられる賃貸物件の不動産屋比較サービスです。
・物件の紹介は行っていないため、自分で探す必要があります。
・イエーは物件情報をメールで送るだけで、内見の日程調整から申し込みまで行ってくれます。
・イエプラとの比較で、イエーは初期費用を抑えられる点、イエプラは全体的なサポートがある点がメリット。

Q&A

Q1: イエーはどのようなサービスなのでしょうか?

A1: イエーは賃貸物件の不動産屋比較サービスで、初期費用を安くするための仲介手数料の交渉を代行してくれるサービスです。物件情報をメールで送るだけで、内見の日程調整から申し込みまで行ってくれます。

Q2: イエーのデメリットは何ですか?

A2: イエーは物件の紹介を行っていないため、自分で物件を探す必要があります。
また、原則として顧客からの交渉は受け付けていないため、自分で条件を変更するのは難しいです。

Q3: イエーと似たサービス「イエプラ」の違いは何ですか?

A3: イエーは初期費用を抑えられる点がメリットですが、物件の紹介は行っていません。
一方、イエプラは賃貸物件の検索から契約まで一貫してサポートしてくれるため、全体的なサポートがある点がメリットです。どちらもニーズに合わせて選べるサービスです。

(スポンサーリンク)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次(クリックでジャンプ)