ApplePayへクレジットカード/デビットカードの登録方法

クレジットカード/デビットカード
  • URLをコピーしました!

(スポンサーリンク)

ApplePayはiPhone等のApple製品にクレジットカード/デビットカード/電子マネーを登録して使うタッチ決済のことでApple製アプリ「Wallet」を利用して決済する電子財布のようなものです。

ApplePayを使うにはクレジットカード/デビットカードの登録がされていると非常に便利です。

登録したクレジットカード/デビットカードからiDやQUICPayに紐付けされた電子マネーでの支払いやSuica/PASMO/nanaco/WAON等の電子マネーにチャージしてタッチ決済もする事が出来ます。

ApplePayという電子財布を使いスマートな決済をしましょう!

言葉だけでは難しいと思ってしまいますがこのサイトでは丁寧に説明しますので是非参考にしてください。

この記事ではこのような悩みを解決します。

・ApplePay対応クレジットカードについて
・iD/QUICPayについて
・クレジットカードをApplePayに登録する方法
・支払い方法

この記事の目次(クリックでジャンプ)

ApplePay対応クレジットカード/デビットカード

ApplePayに登録できるクレジットカードとして
楽天カード、JCB CARD W、三井住友カード(NL)、イオンカードセレクトなどがあります。

また、デビットカードとしては住信SBIネット銀行なども対応可能です。

国内発行クレジットカードはほとんどが登録できます。

下記表はおすすめクレジットカードです。

楽天カードJCB CARD W三井住友カードイオンカード
年会費無料無料無料無料
ポイント還元率1.0%~3.0%1.0%~5.5%0.5%~5.0%0.5%~1.33%
国際ブランド
電子マネー
メリット楽天ポイント運用JCBオリジナル
パートナーズ

ポイント5倍
イオングループ
ポイント2倍
年齢18歳以上18~39歳18歳以上18歳以上

【参照】Apple Pay に対応しているアジア太平洋地域の銀行とカード発行元

 ご自身のカード会社のホームページでも確認できます。

iD/QUICPayについて

【Suica】や【PASMO】の「交通系」、【nanaco】や【WAON】の「流通系」などをイメージする方も多いと思いますが、これらは事前にお金をチャージするプリペイド型です。
ApplePayにクレジットカード/デビットカードを登録されると自動的に付与される【iD】と【QUICPay】はポストペイ型で後払い式の電子マネーです。

チャージ不要

現金を用意するためにATMに行く手間がなく、チャージ専用端末にお金を入れたり、
レジやATMでのチャージの手間がなく「10円不足で支払い出来ない」なく、支払いがスムーズです。

スマートな支払い

店頭でクレジットカード払いの場合、ワザワザ財布からカードを取出して支払い端末に差込む必要があるが
ApplePayのiD/QUICPayでは、iPhoneを支払い端末にかざすだけで支払いが完了します。

盗難/紛失時の保証

盗難/紛失で不正使用された場合、届出た60日前にさかのぼり、不正使用が補償される補償があります。
現金の場合は落として拾った人に使われてしまうと戻ってくることはありません。

あわせて読みたい
Apple Pay完全ガイド!使い方から安全性まで 毎日のお買い物や通勤で、もっとスマートに、もっと安全に支払いを済ませたいと思ったことはありませんか?Apple Payなら、そんな願いを簡単に叶えることができます。こ...

デメリット

その方の管理能力にもよると思いますが使いすぎる場合もあるようです。
我が家では生活費予算額が決まっているので使いすぎる事はありませんがお金の感覚を持つことによって問題なく運用できると思います。

ApplePay上のSuica/PASMOはiPhoneの電源が無くなってもエクスプレスカード設定されていれば支払いができますが、iD/QUICPayの場合は電源が無いと支払いができません。

あわせて読みたい
安全にお金を増やす!詳しく解説 お金を増やしたい、でもギャンブルは避けたい。そんなあなたにぴったりの内容です。はじめに言っておきますが、この記事で提供する方法は、一夜にして大金持ちになるよ...

ApplePayにクレジットカード/デビットカードを登録する方法

①ウォレットアプリを立ち上げ、クレジットカードなどを選択

②クレジットカード/デビットカードをスキャン

③スキャンしたカード情報確認

カード情報が上手くスキャンできていない場合、手入力する場合もあります。

④カード追加、メインカード選定、電子マネー(iD/QUICPay)自動登録

・メインカードは複数登録がある場合に選び、カード1種の場合はメインカードになります。
・iD/QUICPayは自動追加され支払いに使うことが出来ます。
・ポストペイ(後払い)のiD/QUICPayはチャージ不要です。

あわせて読みたい
Apple PayでSuica/PASMOを最大限活用する方法:完全ガイド Apple PayでSuicaやPASMOを利用する方法が分からず、困っている方は少なくありません。「難しい」と感じたり、「どうやって登録するの?」と疑問に思っている方もいるで...

支払い方法は簡単!誰でもスムーズに決済できます

①ウォレットアプリを立ち上げ、iD/QUICpay対象カードを選択

②指紋認証/サイドボタンをダブルクリックして顔認証

指紋認証:iPhoneの場合はTouch ID押しながら
顔認証 :サイドボタンダブルクリック+Face ID

【画面にリーダーにかざしてください】と出たら

QUICPayで!と伝え店員さんの対応を待つ、そしてタッチ決済

iDとQUICPayでは支払い方法が同じです。

これで支払い完了です。
最初はドキドキしますが店員さんも親切に教えてくれます!

まとめ

・ApplePay対応クレジットカードについて
・iD/QUICPayについて
・クレジットカードをApplePayに登録する方法
・支払い方法

今回の上記疑問点を記事で説明しました。

ApplePayにクレジットカード/デビットカードを登録してiD/QUICPayでの支払い方法について理解出来ましたか?

最初は「どうしよう」とか「やり方が分からない」などで悩んでいたかもしれませんが、この記事からApplePayにカード登録してスマートな支払いをしましょう!

新規発行が必要な場合は下記クレジットカードがおススメです。

・Suicaへのチャージがお得
・楽天ポイントを貯めやすい
・貯まる、使える加盟店が非常に多い
・ETCカードは通行料金100円毎に1ポイント還元

(スポンサーリンク)

クレジットカード/デビットカード

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次(クリックでジャンプ)